横浜から日本を創る。議会活動41年目に!
Slider
子供たちが歴史と文化に誇りを持てる国を作ること

皆様方のご支援、ご協力にお支え頂き、金沢区と横浜市の発展のために41年目の活動を始めました。
「子供たちが誇りを持てる教育」をテーマに奔走してまいりました。日本の「自立」のためにも結実させなければならないテーマです。
私の、議員活動における政策課題の一つとして、子供たちの教育のありようを説いてまいりました。
それは、郷土の歴史、郷土の文化、郷土の遺産を学んでもらうことです。学ぶことにより郷土を素晴らしいと思ったり、誇りに思ったりするようになり、郷土愛、祖国愛が育まれます。
そして、愛国心 が醸造されていくと考えます。
この愛国心はナショナリズム(国民主義、民族主義)とは違い、「自国を愛する者こそ共感的理解をもって他国を尊重できる」という考え方が、グローバル社会の常識となっています。
様々な活動を通して、体力が許す限り子供たちへの教材を作ってまいります。

お知らせ

横浜市会議員小幡正雄儀  令和3年9月6日永眠いたしました。
昨年11月に病気を患らい、病気療養が始まりました。 そんな中においても、5月には肩を支えられながら市議会に出席し、8月の横浜市長選挙では、IRに反対する立候補者の出陣式に不自由な体で挨拶に伺いもしました。 しかし、当選の握手を交わすことなく力尽きてしまいました。
生前のご厚誼に深く感謝し 御礼申し上げます。
小幡は、IR推進の横浜市長に対し長期にわたり反対意見を申し述べてきました。その経緯を皆様に逐次報告を行ってきました。 行政の在り様を知ってもらいたいというのが小幡の政治信条でした。その市政報告の諄すぎる説明と枚数の多さに、皆様も辟易させたことでしょう。少しでも多くを伝えたい情熱の賜物であると確信しております。
お手元にある市政報告に今一度、目を通していただければ幸いです。

<略歴>
昭和54年4月30日〜令和3年9月6日
金沢区選出11期・横浜から日本を変える会
平成12年11月3日
藍綬褒章 授与
平成17年5月30日〜平成19年4月29日
第48代横浜市会副議長
政策・総務・財政委員会委員
郊外部再生・活性化特別委員会委員

最後まで政治家で在り続けた小幡正雄を支援してきたことに誇りを感じます。
永年にわたりご支援を賜り、有難うございました。 偲

令和3年9月18日 小幡正雄後援会一同

第56回 秋季大会「金沢ふれあい文化祭」のお知らせ


※クリックで拡大します
ダウンロードして印刷してください。
 日  時 |
令和3年10月10日(日)
10:00-16:00
 会  場 |
金沢公会堂ホール
 会  費 |
入場無料
 主  催 |
金沢ふれあい文化祭実行委員会
 後  援 |
NPO法人 金沢区文化協会
 お問合わせ|
おばた正雄事務所
〒236-0016 金沢区谷津町332
TEL:045−783−7869
FAX:045−786−5315
MAIL:obatamasao17@gmail.com

主な活動報告 – ACTIVITY

●長浜の野口英世記念館及び公園整備 ●平潟湾のアマモ育成計画
●小学校の放課後校庭開放 ●春、秋の金沢ふれあい文化祭の開催 等々。

PAGE TOP
MENU